ホームベーカリーでできるよ! パン屋さんみたいなパン

ふるさと納税「住民税から控除されているか」市県民税決定通知書 確認方法

ふるさと納税は「なんだか難しそう」
という感じがしますよね
「税金がどうなるの??」
仕組みがよくわからないから・・・
という人が多いですよね

確認方法を知れば安心できる」

ふるさと納税をやったら
その後控除されていることを確認する方法を
やさしく解説します

このページはふるさと納税を実際にやった後
本当に控除されているのか確認するやり方をお伝えします

まだふるさと納税をやったことがない方にピッタリのページはこちらです
やさしく噛み砕いて解説しました

目次(クリックで移動できます)

ふるさと納税 「住民税から控除されているか」

ふるさと納税
やってみましたか!
ワンストップ特例申請または確定申告が既に済んでいると仮定して話を進めていきます

1月~12月までの【ふるさと納税控除】は次の年の6月から控除してもらえます

下画像のような税額通知書が6月ごろ会社から渡されます
個人事業主、前年に転職した人は郵送で届きます
この通知書を見るとふるさと納税で控除される金額の確認ができます
(下に拡大画像あり)

【拡大画像】市町村民税 道府県民税 決定通知書 (住民税決定通知書)

ワンストップ特例申請をした場合

⑤の合計金額が
前年1月~12月のふるさと納税合計金額ー2000円
と概ね一致します

確定申告をした場合

⑤の合計は住民税からの控除です

所得税からの還付は確定申告書の控え「還付される税金」欄に還付額が記載されています

控除と還付の合計は 前年1月~12月のふるさと納税合計金額ー2000円
と概ね一致します

ワンストップ特例申請をしてある場合
6月から1年間の住民税から全額控除されます

確定申告をしてある場合
住民税から控除(ワンストップ特例申請同様)と所得税の還付(銀行振込)があります

・どちらでも同じ金額です

もし⑤に記載がない場合や大きく数が違う場合は税務署に問い合わせしてください

以上の確認ができれば
ふるさと納税は大成功!!
疑問点があれば税務署に問い合わせて
解決しましょう
気持ち良く次のふるさと納税ができます

私は危うく失敗しそうになりました(体験談)

*興味のない方は「ふるさと納税注意すること」までスクロールしてください


2020年9月頃からふるさと納税を始めました
我が家では私が興味を持ってやり始め夫婦二人ともふるさと納税しました

ワンストップ特例申請の申請も順調に各5自治体やり終わったのは12月でした

「これで後は6月の税決定通知書を待つのみだな」

と思っていました

その後身内に不幸があり遺産相続・・・
主人は確定申告をすることになりました

相続のご相談など
そもそも税理士に相談した方がいいのか聞いてみたい
登録税理士6000人
納得いくまで何人でも無料でご紹介
https://www.zeiri4.com/shoukai/promotion/affiliate/286/


「ふ~ん 確定申告するんだ」
とふるさと納税のことは気にもとめず吞気にしていました

ワンストップ特例申請してあることで全てが完結している気でいました

そんな3月のある日「ふるさと納税の限度額をシュミレーションで算出してみようかな~」とサイトを見ると

確定申告したらワンストップ特例申請は無効の文字・・・!!

ヒェ~~!!(そうだった!うっかり・・・)

ワンストップ特例申請してあってもだめじゃん

かなり青ざめました

でも状況が変わったのだから確定申告すればいい!!

もう既に主人の確定申告が終わっていたので追加申告をしました

初めて確定申告会場でやりましたがとても親切に係の人がやってくださり追加申告をすることができました

このようにうっかりしてしまうことは誰にでもあり得ることです

もし困った時は対処方法を調べ解決していきましょう

確定申告って難しいし面倒に思っていましたが
確定申告会場ではパソコンの打ち込みは全て係りの人がやってくれます
関係書類を持参すればやってもらえるので案外楽でした

ふるさと納税注意すること

納税は生活の変化や状況が変化すると変わります
確定申告の時期には納税方法を確認しましょう

これは要チェック

ワンストップ特例申請をしてある場合でも
確定申告をすることになるケースがあります

「医療費が多くなり確定申告することになった」
「遺産相続で確定申告することになった」
など

確定申告の時にふるさと納税の申告を忘れずにやりましょう
ワンストップ特例申請をしてあるとうっかり忘れがちです
確定申告するとワンストップ特例申請は無効になります

確定申告では必ずふるさと納税の申告をしましょう

うっかりしそうな事

ふるさと納税は年末調整では申告できない

ワンストップ特例申請5自治体を超えてしまう
注意)ふるさと納税が初めての場合1万円のものを選びがちですが所得が多い人は限度額が多いので5自治体以上やりたくなってしまうでしょう
限度額を見て計画的に注文しましょう
・一つの金額を多くする
・一つの自治体で複数欲しいものがあるところを選ぶ
など工夫した方がいいです

限度額を超えてしまう
限度額を超えるとその分は寄付になります
限度額を算出する時医療費控除、住宅ローン控除、などの控除を反映した金額を出します
控除があると課税所得が減るので限度額が下がるので注意

名義人の氏名を間違えないようにする
本人名義の申請書でなければ申請できない
例)妻名義で夫の申請はできない

ワンストップ特例申請は確定申告すると無効になります
ちゃんと申請書を送ってあっても無効!

申告は状況が変わると確定申告することになる可能性があります
確定申告の時に必ずふるさと納税の申告を記載する
寄附金受領証明書を添付する必要があります

確定申告には封筒で送られてくる「寄附金受領証明書」を添付する必要があります
確定申告までなくさないように保管しておく

ワンストップ特例申請ができなくなり確定申告することになる場合があるので保管しておく方がいいです

ふるさと納税のやり方
やさしい解説ページはこちらです

ふるさと納税のオススメはこちらのページ

私はホームベーカリーユーザー歴16年です
しっとりふんわりパンを作り続けていくコツを発信しています
ぜひ遊びに来てね

会社(個人事業主)の財務状況やビジネスを普段からしっかり把握
してくれる顧問税理士がいると心強いですね
・顧問料が高い
・訪問頻度が少ない
・提案やアドバイスが少ない
・相性が悪い
・自社の業界に疎い
・年代があわない
このようなお悩み「税理士ドットコム」利用で顧問報酬の引き下げに成功例多数!
納得いくまで何人でもご紹介無料

https://www.zeiri4.com/shoukai/promotion/affiliate/285/

にほんブログ村に参加しています
役に立ったらクリックしていただけると嬉しいです

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックで移動できます)
閉じる