ホームベーカリーでできるよ! パン屋さんみたいなパン

『女神(テミス)の教室』山田裕貴さんファンの反応!目撃情報やロケ地を調査!

2023年1月スタートの月9ドラマは
北川景子さん主演の
『女神の教室~リーガル青春白書~』
(読み:テミスのきょうしつ)
山田裕貴さん藍井仁役

このページでは『女神(テミス)の教室』の中でも
山田裕貴さんに注目して情報をまとめています。

  • 山田裕貴さんが語ったドラマの話
  • ファンのネット上の反応
  • ロケ目撃情報やロケ地について

上記情報を読んで2023年最初の月9ドラマ『女神(テミス)の教室』を堪能しましょう!!

目次(クリックで移動できます)

山田裕貴さんが語った月9への意気込み

山田裕貴さんにとって「月9」とは特別な番組!
待望の月9出演ですね!

インタビューでは次のように語られました。

「素直に“すごい、月9だ!”という感想でした(笑)。まさか、自分の人生が月9に出演できる道のりになるとは想像していなかったので、単純に“わぁ、すごい!”という思いが強かったです。

山田裕貴、初の月9レギュラーで“法律の判例オタク”に【コメントあり】 | ORICON NEWS

『プライド』、『HERO』などいろいろな作品を、子供のころからよく見ていました。

自分が今までやって来たことを、今回もしっかりとできればいいなと思っています」

『女神(テミス)の教室』山田裕貴さんの役どころ

山田裕貴さんが演じるのは藍井仁です。
どんな役なのか見ていきましょう。

藍井仁(山田裕貴)はどんな人?

藍井仁はこんな人

  • ロースクールの教員。
  • クセが強目に見える。
  • 法律の判例オタクという変わり者。
  • 無愛想で他人のことにはまったく興味がない。
  • 主人公・柊木雫とは性格も教師としての指導方法も完全に真逆。
  • 学生たちは試験に合格しないと時間や費やしたお金がもったいないと考える男。

法律を活かせない職業に就くなら今の時間は無駄という考え。

だから司法試験に合格しろ、勉強しろ…ただ、それだけなんです。

山田裕貴さん:
僕は、できない学生への厳しさ、切り捨ててしまう藍井の姿も、逆に愛情に見えればいいなと思っています」

主人公 柊木雫北川景子)はどんな人?

柊木雫(ひいらぎ しずく)はこんな人

  • 青南大学法科大学院の新米派遣教員。
  • 裁判官という職業柄、エリートで完璧なタイプと思われがちですが、完璧とはほど遠い。
  • トンカツが大好物。
  • “人を知らなければいい法律家にはなれない”という信念を持ち、とことん人を知ろうとし、人と関わろうとします。

柊木雫を演じる北川景子さん

『HERO 第2シリーズ』(2014年、フジテレビ)以来約8年半ぶりの月9作品出演

木曜劇場『探偵の探偵』(2015年、フジテレビ)以来約7年半ぶりのフジテレビ連ドラ出演

私が今までにあまり演じた事がない、すごく真っ直ぐでピュアというか、人が好きで人の事をいろいろな角度から捉える事が出来るキャラクターです

女神[テミス]の教室~リーガル青春白書~ – フジテレビ (fujitv.co.jp)

柊木雫の水筒はこれかな!

『女神(テミス)の教室』山田裕貴さんファンの反応

山田裕貴さんの演技力の期待が高まっています。
どう変わり者を演じるのか・・・
高橋文哉さんとの共演を喜ぶ声もたくさん上がっていました。

『女神(テミス)の教室』1話放送後のネット上の反応

『女神(テミス)の教室』1話放送後のネット上の反応

  • 思ってたより良かった。
  • 山田裕貴さんの役の振り幅がすごい。
  • 山田裕貴さん今までとは真逆のキャラ。

『女神(テミス)の教室』ロケ目撃情報やロケ地を調査

『女神(テミス)の教室』ロケ目撃情報やロケ地情報を確認でき次第、追記する予定です。

青南大学法科大学院は、ICU(国際基督教大学)の本館が使われています。

まとめ:『女神(テミス)の教室』山田裕貴さんファンの反応、目撃情報やロケ地を調査について

山田裕貴さんが『女神(テミス)の教室』に出演することはファンにとっても喜びの反応が多いです。

演技力に期待する声や、共演者がエモいという声も上がっていました。

女神の教室 第一話は好調な滑り出しです!!

ドラマでよくある、だんだん心が通じ合う系のストーリーをバーンと示したようなスタートでした。

色々なエピソードでどう心が動いていくのか・・・

それを楽しみにできるドラマです!

目次(クリックで移動できます)